Ningコンの魅力。なぜ、安定動作なのか?




警告
こちらのページを最後までご一読されると、一部の方はご不快なお気持ちになるかもしれません。
そのようなお気持ちになりたくない方は、これ以上、お読みになられないようお願い致します。

それでも真実を知りたいと思われる方は、最後までご一読ください。

 

コントローラーの動作にご不安、ご不満はございませんか?
ネット上では、よくこのような話題が散見されます。

・ネットで聞いて、知名度の高い某社のコントローラを購入したが、無反応や、遅延があり、まともに動作しない。

・購入後、しばらくしてから基盤が故障しユニットごと交換した。これでもう3回目・・・。

・ファームウェアをアップデートしても症状が変わらず、不良に悩まされている・・・。

大変残念なことに、動作が安定しないASCが存在しているのは事実です。
それゆえ、ユーザー様も不具合に悩まれているかと思います。

正直な話として、USBを使用した制御技術はすでに枯れたものです。
熟成された技術であり、逆に安定しない方が異常なのです。



コントローラーで最も重要なのは、
動作の安定性・耐久性ではないでしょうか。


Ningコンがリリースされたのは、2009年。

それ以降、基盤のメジャーアップデートを行ったのはわずか1回。
内容は、PCでの接続時に直接USB端子で接続可能にしたものです。

それ以降、1回もメジャーアップデートは行っていません。
完成度が高いが故にメジャーアップデートが不要だからです。


 
Ningコン メインコントロール基板 Ningコン ターンテーブル基盤


Ningコンのシンプルかつ、完成度の高い基盤・回路構成は耐久性も高く、
コントローラーへの電力供給不足から発生する不具合(誤反応・無反応など)も非常に少ないのです。

しかし、今後も細かい部分で改良を怠ることはありません。
システムの安定性を高めるために、研究開発を継続させています。

また、互換性を重視したパーツを使っているので、メンテナンスも容易で、
将来的にも長く安定してご使用いただけるものと確信しています。


シェアが大きい = 高品質

そういう図式は、あまり関係ないかもしれません。

 

商品名 : Ningコンの魅力。なぜ、安定動作なのか?

製造元 : DJ NING

価格 : 0円(コントローラーは国際送料込/パーツのみは別途送料)

数量 :

 コントローラーは送料込/パーツのみは別途1500円または1000円

ページトップへ